南八ヶ岳な生活

Wednesday, August 30, 2006

■ほったらかし米 観察日記 ~達人のトラック

お店のお客さん米作りの達人Kさんのトラックです。
なんと荷台にヒエが根付いてます。


いちばん左端がヒエです


田んぼのヒエ退治をした後に
トラックの荷台に積んでヒエを運ぶのですが
ヒエの生命力のすごさを見せ付けられる思いです。

それにしてもトラックに草が生えるなんて
毎日田んぼに通っている証拠ですね 。
さすが達人です。 

Labels:

Tuesday, August 29, 2006

■BLの秘密 ~カレーのお肉は特注品

ブルーレイコーヒー自慢のカレーのお肉は
「肉のわたなべ」さんの特注品です。


高根町の渡辺畜産のご主人が特別に選んでくれる
和牛の特選品です。
(なかなか手に入らないんですよ。)


上等な霜降りを使うので、
煮ているうちに肉が減ってしまいます。


・・・うっかりすると、全部カレーに解けちゃいます。

良いアブラの味と風味が出てくれるのですが
いつでもお肉をWANTED!
なんです。

ブルーレイのカレーのおいしさは
良い肉をたっぷり使うことです。


Labels:

Monday, August 28, 2006

■南八ヶ岳の美味しい写真 ~本日入荷、当日燻製

鯵(アジ)のくんせいを作りました。



26日の朝に市場で購入した新鮮なアジの開きを
お昼からくんせいにしました。
3~4時間ほど燻製し、入荷当日の夕方には完成です。


色付けを考え、ナラのチップでも良かったのですが
香りと味を重視してサクラのチップを使いました。
軽くあぶって食べたのですが、
塩加減もうまくいき、大成功です。
くんせいの香りが効いた、一段ランクの上がった高級な味になりました。

う~んn、これはクセになりそうです。

こちらは、一昼夜冷蔵庫で乾燥させ、
真空パックにしたものです。

Sunday, August 27, 2006

■BLの秘密 ~カレーのお肉は特注品

ブルーレイコーヒー自慢のカレーのお肉は
「肉のわたなべ」さんの特注品です。


高根町の渡辺畜産のご主人が特別に選んでくれる
和牛の特選品です。
(なかなか手に入らないんですよ。)


上等な霜降りを使うので、
煮ているうちに肉が減ってしまいます。


・・・うっかりすると、全部カレーに解けちゃいます。

良いアブラの味と風味が出てくれるのですが
いつでもお肉をWANTED!
なんです。

ブルーレイのカレーのおいしさは
良い肉をたっぷり使うことです。


Labels:

■本日のルーシー ~モモ帰る

九州にすんでいる
ルーシーの「娘」のモモちゃんが里帰りしました。


母親であるルーシーによく似てきました。
7才になるモモちゃんも、
実家に戻ると子供の顔にもどります。


ちなみにこちらの毛を刈りそろえている方が
モモちゃんで、

こちらの少し毛が伸びているほうが、
ルーシーです。
お腹の辺りがすこし大きいです(笑)


Posted by Picasa

Friday, August 25, 2006

■ゲド戦記を読みました。

ゲド戦記をようやく読みました。

指輪物語」と「ナルニア国物語」に並ぶ3大ファンタジーの一つということで、
小学校の時から気になっていたのですが、
当時はハードカバーの高価な本で本屋さんであきらめてしまったのをよく覚えています。
(ちなみに「ナルニア国物語」は長坂中学の図書館にあり、 
「指輪物語」はやけに文字の小さい文庫本が当時からありました。)

最近スタジオジブリの映画化の影響もあって、
安い文庫版が大量に再販されようやく読むことができました。

ゲドの世界では稲の育ちをよくしたり、
ヤギの病気を治したりするまじない師達が森に住んでいて、
風を呼んだり、鳥に変身したりする強力な魔法使いとが町の片隅に住んでいたりと、
やけに生活感のある魔法がたくさん登場する日常がよく描かれています。

また大魔法使いのゲドが主人公だけあって、よく魔法を使ってくれます。
賢者としての側面の強い「指輪物語」に登場する魔法使い白のガンダルフに比べると
ゲドの若い時を描いた第1巻では目くらましを使ったり、竜と戦ったりと
インフレ気味に魔法をバリバリと使ってくれてなかなか爽快です。

しかしこの文庫、やっぱり高いです。

<ソフトカバー版>

  • 影との戦い 定価 1050円
  • こわれた腕環 定価 1050円
  • さいはての島へ 定価 1260円
  • 帰還 定価 1260円
  • アースシーの風 定価 1260円
  • ゲド戦記外伝  定価 1,470円

<ハードカバー版>

  • 影との戦い 定価 1680円
  • こわれた腕環 定価 1680円
  • さいはての島へ 定価 1785円
  • 帰還 定価 1890円
  • アースシーの風 定価 1890円
  • ゲド戦記外伝 定価 2310円

ハリーポッターもそうなのですが子供向けの本なのですから、
もう少し安くならないものでしょうかね。
(買うのは大人ですが。)

名作ですので、機会があればぜひ読んでみてください。

Thursday, August 24, 2006

■南八ヶ岳の美味しい写真 ~ブルーベリーヌーヴォー

2006年産のブルーベリージュースを入手しました。

長坂町産100%のブルーベリーで搾ったジュースです。
今年は特にブルーベリーの取材によく行ったので
製品になったものをみるとなかなか感動的です。

未発表の秘密メニューですが

ヨーグルトにこのジュースを入れ、
凍らせておいたブルーベリーを5~6粒まぜて、
氷を足してスムージーを作ると、すごく美味しいんですよ。


・・・贅沢すぎて量産できないのが難点です。

毎日飲み続けて1ヶ月ほどすると
目がよく見えるようになるとのこと

中央道の売店で売ってますよ。

Monday, August 21, 2006

■南八ヶ岳な生活(15) ~出張魚市 in 中田医院

今日は先日の中田医院での出張販売の写真を掲載します。

魚屋さんの出張販売ということで
なかなかユニークな試みではあったかと思いますが
中田先生のご協力により実現しております。


なにより先生の熱心なお魚の売り込みのおかげで、
非常に楽しく、なかなかの成功を収めることができました。
中田先生本当にありがとうございました。

ちなみにこちらは中田医院の待合室。
カフェかと思うようなおしゃれなお部屋です。

落ち着いた純和風の待合室で、
シックハウス症候群の原因になるものは一切使っていないそうです。

ほんと長居できちゃいますね(笑)

Saturday, August 19, 2006

■南八ヶ岳の季節のおいしい写真 ~ぼちぼちチャンプルー

西日避けに植えたニガウリがこんなに大きくなりました。
西側の窓の下にあります。

細い茎が縦横に茂って、黄色い花をつけ
やさしい日除けを作ってくれています


なにより大小6個のゴーヤがなってます。


ゴーヤチャンプルーが楽しみです。

Wednesday, August 16, 2006

■BLの秘密 ~ 店名の由来

たまに聞かれるのですが
ブルーレイコーヒーの店名の由来は
ブルーベリーの品種のブルーレイ(bluelei)です。


地元の長坂町で栽培されている品種で、
ブルーベリーがレイ(花輪)のようにたわわに実ることから、
この名が付けられました。

なかなか幸せな名前です。

そしてこちらがブルーレイです。
(・・・バークレーかも。)
いかがでしょうか。

*次世代DVDとして有名な
 青色レーザーのブルーレイ(blueray)とは関係ありません。

Labels:

Monday, August 14, 2006

■本日のルーシー

本日のルーシーです。

なかなか写真映えがします。
でも、ルーシーは暑さが苦手です。


だから、一番涼しいところを知ってます。
お店の入り口が一番涼しいみたいです。
・・・なるほど。

Sunday, August 13, 2006

■南八ヶ岳の季節のおいしい写真 ~地給市場に夏野菜が入荷中

只今の地給市場には夏野菜が続々と入荷中です。

  • キュウリ 
  • 色とりどりのズッキーニ 
  • 完熟トマト 
  • かぼちゃ 
  • 茗荷 
  • 茄子 
  • ピーマン 
  • もろこし 
  • モロッコ〔豆〕 

等などが一杯に入荷しています。

すべて自然農と有機の野菜なので
シャツの裾でちょっと拭いて食べれちゃいます。 


トマトは甘くってちょっと酸味があって
トマトの青くさい香りが口中に広がります 

  
みんな野菜本来の味がします。

Thursday, August 10, 2006

■青空気分のページの見つけ方

最近ちょっとした時間に外国のWEBサイトを眺めるのが面白いです。

そもそも外国語はあまり得意ではありませんが
輸入の雑誌をパラパラと見る感覚で様々な国のWEBサイトを見ていると
ちょっとした旅行気分が味わえます。


外国語のサイトを見るときには、例えば
日本のYahoo(http://www.yahoo.co.jp/)の【世界のYahoo】リンクから
イタリアのYahoo(http://it.yahoo.com/)へ飛んで、
【Caffe】 とか【coffee】とか検索して世界のWEBサイトを探してみたりするのですが
そこは外国語、思うように検索することができず、
「これは!」というサイトになかなか出会うことはありません。


そんな時にはこのサイトが便利です。
このサイトでは色からWEBサイトを検索することができます。
http://www.dark-i.com/


左上のパレットから色を選択して検索ボタンを押すと、
選択した色を使ったWEBサイトがサムネイル表示されます。
ちっちゃなTOP画面がいっぱい出てくるので
どんな雰囲気のページかがわかるようになっています。

『最近いつも同じようなWEBサイトにしか行ってないな。』
なんて方にお勧めです。
せっかくなので、ブルーレイコーヒー(http://www.bluelei-coffee.com)も登録してみました。

リンク

Wednesday, August 09, 2006

■南八ヶ岳の季節のおいしい写真 ~夏の夜の贅沢

市場で見事な岩牡蠣を見つけたので
「一つだけ」買ってきました。


見てのとおり手のひらより大きいです。


牡蠣は西洋では「Rのつかない月は食べてはいけない」といわれてますが、
この「岩牡蠣(イワガキ)」は7月~8月が旬で 今が一番美味しい季節となります。

  • august (8月)  
  • September (9月)
  • October (10月)
  • Nobember (11月)
  • December (12月)
  • January (1月)
  • Feburary (2月)
  • march (3月)

(一般に冬に多く食べられているのは「真牡蠣(マガキ)」です)

一つだけですので、小さく切ってみんなで食べたのですが(笑)
濃厚な味で、臭みがなく非常に美味しかったですよ。
ちょっとした夏の贅沢でした。

ちなみに岩牡蠣は外見こそ大きいのですが
身はこれだけの大きさです。

Labels:

Tuesday, August 08, 2006

■ブルーレイ・ブルーベリー

ブルーベリーをいただきました。

先週の日曜になりますが、
ブルーベリー畑へブルーベリー狩りにいってきました。

その際にいただいたブルーベリーです。
見事な房でしたので、鉢に飾ってみました。
まさにレイ(花輪)のように実がなるブルーレイです。

しかし、みんなが味見に実をつまむので、
もらってきたときより減っています。


さらにブルーベリーは三種もらってきたのですが、
『良く見ると、バークレーかもしれない。』
と不安になると、ついつい実をつまんで味見をしてしまいます。

もらってきた時はもう少し立派だったような気がします。


Sunday, August 06, 2006

■ほったらかし米 観察日記 (10) ~手のひらを太陽に

田んぼの草とりは続いてます。
今朝はヤゴからとんぼに変わる羽化を見ることができました。

クリーム色の抜け殻をしっぽのさきにつけ
まだ頼りない羽を広げています。

草とりの雑音や風にゆられる障害にも関係なく
じっと動かずに飛ぶ時をまっていました。
汗と泥だらけの私の周りには
おたまじゃくしやあめんぼが泳いでいます。
かえるが鳴いて、とんぼがとんで、蛇が横切って

なにやら色々な命があふれています。

稲は葉の付け根に白い線が入っており短い毛がはえているのですが。
そこに朝露がたまりちっちゃな水玉が朝日にきらきら輝いてます。


それらが風にゆれ、
あたかも微笑んでいるようにみえるのです 

この畑で学ばなければならないことの一面が
ちょっとだけ見えたような気がします。

でも、まだまだ学ぶことはたくさんありそうなんですけどね。

Labels:

Thursday, August 03, 2006

■南八ヶ岳な生活(14) ~閉店まぎわの来客

ついつい遅くなってしまった21時ころ

店を閉めるとき玄関にかぶとむしがいました。

8センチほどの大きさで、
なかなか立派なかぶとむしです。

つかむと腕をのぼってきます。
カブトムシはシャツを掴むとなかなかはなれません。
せっかくの珍客に写真もとっておきたいです。

そうこう遊んでいるとすっかり遅くなってしまいました。

それにしてもタイミングの悪い来客です。
こちらはお店を閉めたかったのですが
お茶でもしたかったのでしょうか。 


Tuesday, August 01, 2006

■BLの秘密 ~裏メニュー

ブルーレイコーヒーにはいくつかの裏メニューが存在します。

それらの多くが、数回だけお客さんに振舞われ、

  • コストが悪い。
  • 手間がかかりすぎる。
  • 材料の準備/管理が難しい。
等の理由で、なかなかレギュラーメニューになれず、
いつのまにか消えていきます。

しかしこの8月ついに「氷コーヒー」が表メニューに登場です。

氷コーヒーは実は昨年の夏に準備され、
一部の方に「贅沢な味だね」と待望されていたのですが

  • 味の濃さ
  • 容器
  • 値段
  • 名前


をのんびり調整しているうちに、
無念のシーズンオフを迎えてしまったという悲劇の(喜劇の)メニューです。

この夏はぜひ一度、ブルーレイコーヒーで、氷コーヒーをお試しください。
ほんと美味しいですよ。


    Labels: