南八ヶ岳な生活

Saturday, October 28, 2006

■ほったらかし米 観察日記 ~稲刈り後の田んぼと故郷の味

稲刈り後のほったらかし米の田んぼです。
朝のルーシーとのおさんぽで行ってきました。

コンバインでの稲刈りの後には
稲穂がいっぱい落ちています。

雉や野鳩が落ち穂をついばんでいます 
最近はなかなか姿はみえませんが3匹いる狐も食べにきているかもしれません。

ところどころにある小さな穴を掘ってみると
タニシがいました。


この八ヶ岳南麓では
タニシをつぼと言い大根と味噌汁にしていただきます。
ふるさと八ヶ岳の味です。

Labels:

Tuesday, October 24, 2006

■「私の隠岐の島この1枚システム」 ~(2)お祭りの継続の問題点

10月18日「ブログで離島応援計画」の続きです。
■「私の隠岐の島この1枚システム」 ~(1)システム概要
(注:上記のリンクはIEでは切れるみたいです。10月18日の項目を参照下さい。)
島民や島を訪れる観光客に携帯アプリを利用して、「私の隠岐の島この1枚」となる写真を撮ってもらい、地図情報で紹介するシステム。

前回の(1)システム概要を書いてから、ご意見をいただきました。
よよよと戸惑いつつも、感謝しております。確かに一般的ですね。
でも、見た目は既存のシステムに近いことを意識してます。。
また、システム案のつもりなので、コンテンツ(隠岐の島)への特化性が弱いです。
以上 弁解でした。

今回は私のシステム提案に盛り込まれた
プロジェクトの課題とその対応方法についてです。


今回のような地域活性化のアイデアをシステム化していく場合、
次の二つの課題があるとおもいます。  
  • A) 新しい文化への敷居の高さ
  • B) お祭りの継続の難しさ
A)はシステムの利用率です。
みなさんは住基カードは使ってますか?
便利なのは聞くのですが、なかなか使う気になれません。
SNSネットオークションなんかも、最初のしきいって高いですよね。

特に自分から情報発信するシステムなんてそうそう参加できませんし、
新しい文化のシステムの利用率をあげるためには
「参加するのがめんどくさい。」
「よくわからない」
という最初の大きな壁を越えやすいシステムにする必要があります。

B)はイベントの継続性です。
このイベント。現在、参加しているのは何人でしょうか?
でも、半年後には何人でしょうか?
お祭りが終わり、日常になった時のシステムの継続を想定しておく必要があります。
特にマイクロソフトが去った後の半年後、2年後
システムをどのように使っていくかを考えておく必要があります。

Aの対応策は『 5人に1人くらいは使ってくれるシステム 』にする事、
Bの対応策は『 実は5人くらいでもなんとかなるシステム 』にする事です。

-------------------------------------------------------------------

A)システムの利用率を上げる対応策
  ⇒『 5人に1人くらいは使ってくれるシステム 』にするアイデア。

現在、私の携帯で友人に写真を送るには
「カメラアプリを立ち上げて、写真を撮って、写真を保存して、カメラを終了して、」
「メールアプリを立ち上げ、写真を選択して、圧縮して添付してメールを送信する」
とかなり手間がかかります。ちなみにこれらの操作は機種や電話会社によって異なります。

そこで、このシステムの利用率を上げるアイデアは
『どの機種でもおなじ簡単な操作で情報収集できる携帯アプリを作る。』です。

すなわち以下の操作のみで
 ①携帯アプリを立ち上げる。
 ②写真を撮る。
 ③位置とジャンルを選ぶ。
 ④送信ボタンを押す。
カメラ機能やメール機能をほとんど使ったことのないおじさんにも
「私の隠岐の島この1枚」を送付できるような携帯アプリを作ることです。

ちなみにGPS機能付きの携帯であればさらに簡略化が可能です。
(Docomoの最新携帯電話(FOMA)にはGPS機能が標準搭載。)

さらに本イベントに参加しなくとも
写真を簡易に知り合いに送付できる携帯アプリとしての
付加価値を持たせることも利用率向上のアイデアです。

その上で
1.観光客には船の中でせっせと配布。
2.地元島民には有志がせっせと個人的に配布。
3.有志は携帯アプリを利用してコンテンツ(私の隠岐の島この1枚!)を充足させる。

とがんばって普及すれば観光客や若い人たちは『5人に1人くらい』
使ってくれるのではないでしょうか。
『5人に1人くらい』使ってもらえるようになれば
新しい文化への敷居の高さは無くなっているはずです。

以上システムの利用率を上げるアイデアでした。

長文になってしまいましたので、
(3)MSの去りし後(最終回) へ続く
-------------------------------------------------------------------

長文を読んでいただきありがとうございます。
このイベント終盤が見えて面白くなってきましたね。
とても勉強になります。

あと1回だけ書かせてください。

(気になる情報)
■[リアルな大学情報WEBサイト]
 ・・・リアルです。学生の主観で集められた声を客観的に楽しくまとめてます。
大学ってふらっと忍び込むと(立ち寄ると)いろいろ面白いことやってるんですよね。
ふらっと立ち寄って、面白い授業があったらちょっと聞いてお金を払って帰る。
そんな大学の使い方できないモンですかね。

リンク

Sunday, October 22, 2006

■南八ヶ岳なミニ演奏会 in ブルーレイコーヒー

北甲斐音楽祭出演のオーケストラのブラスメンバーが
お茶によってくれました。



北甲斐音楽祭は
 10月21日が長坂町コミュニティーステーション。
 10月22日が八ヶ岳やまびこホール。
で開催され、初日の公演の終わった帰りでした。

ここぞとばかりの加藤浩の交渉で
なんと即席の演奏会が開催されました。

ブラスメンバーに芸術監督も加わって
  • 2つのトランペットの協奏曲 
  • スターダスト 
  • ロンドンデリーの歌

3曲も演奏してくれました。 

ホルン チューバ トランペット トロンボーン 
チューニングから始まって
東京フィルのメンバーや群馬交響楽団の主席奏者の
そうそうたるメンバーの本物の生演奏です。



お客さんはじめ近所の人も集まって至福のひと時をすごせました
本物の演奏をこんなに近くで聞くことができるなんて夢のようです。

特にロンドンデリーの歌は高校の卒業式の歌でとても懐かしかったです。


ブルーレイコーヒーって、なかなかスゴイお店じゃないですか。。。

喫茶店という仕事の醍醐味をかんじました。


(気になる情報)
■[デザインバーコード]こんな遊びのあるデザインがあると楽しくなりますね。ちょっとしたことですが、作り手が楽しんでいる商品ていいですね。

リンク

Saturday, October 21, 2006

■ほったらかし米観察日記 ~ほったらかし米の収穫

ほったらかし米ついに収穫です。

6月5日の田植えから約5ヶ月
10月18日ついに稲刈りとなりました。

夏の草取りはたいへんでしたが 
有機 無農薬米収穫の喜びはまた格別です


コンバインの運転者が一言
 『今年は去年よりとれるよ!』 
あぜの修理や大変だった草取りが報われた瞬間でした。


今年はなかなか良い収穫となりました。
この後をどうするか。
来年をどのように計画するか。

一番楽しい瞬間です。

Labels:

Thursday, October 19, 2006

■南八ヶ岳な人々  ~ 手作りハウス黒田亭

建築中の黒田邸を訪ねました。

週末建築家の黒田さんは、週末になると東京から通って
家を建てています。
6年を過ぎ、外装はすっかり完成してきました。

今日はドアを造ってます。
ドアの上部のペアガラスのあいだに桟を入れて
ガラスの周りは木の太枠で囲みと、
とっても手のこんだ仕事です


窓ガラスも、窓に付ける折りたたみ式の鎧戸も
おしゃれな手作りです。


1枚のドアーを2段式にしたものもあります


あしかけ7年
いよいよ内装にかかるそうです。

『家の真ん中に置くストーブの煙突はかわいく作るからね。』
といってました。
黒田さんのには完成した家が見えているのですね。

でも、
家を作るがあまりに楽しそうな黒田さん
完成までにはもう少し時間がかかりそうです。

Wednesday, October 18, 2006

■「私の隠岐の島この1枚システム」 ~(1)システム概要

こんなサイトを見つけました。
ブログで離島応援計画
こちらブログを利用して離島の活性化を図ろうという企画です。

商品はなんと【闘牛まる1頭!】
ぜひ私も参加してみたいと思います。

これ、地域の活性化ですよね。
ちょうど前々回の「■南八ヶ岳な地図情報はじめます
でやろうとしてた事がそのまま使えそうですので
がんばってまとめてみました。

地図情報の使い方としてはオーソドックスで、技術的にも簡単なものですが
地域情報の切り口・見せ方としては地域活性化・町おこしの突破口になるかなと、
いつか南八ヶ岳で作りたいと思っていたネタです。
-----------------------------------------------
(1)システム概要

島民や島を訪れる観光客に携帯アプリを配布して、
『 私の隠岐の島この1枚 』 となる写真を撮ってもらい、
地図情報で紹介するシステム。

例えば集めた写真を 
  • 隠岐の島な生き物 
  • 隠岐の島なお昼ごはん 
  • 隠岐の島なヒーリングポイント
などと切り分けて公開し、
さらにジャンルを付加するなら 
  • 島民が選ぶ隠岐の島な風景! 
  • 島民が選ぶ隠岐の島の最高の海! 
  • 観光客が見つけた隠岐の島のごちそう! 
  • 観光客が見つけた隠岐の島の穴場! 
  • 20代女性観光客が見つけた隠岐の島のヒーリングポイント! 
  • 30代男性観光客が見つけた隠岐の島の晩御飯!
といった形で紹介することで、

島民や観光客がそれぞれ気づかなかった
隠岐の島の美しさ、素晴らしさを再発見する。
そんなシステム案です。

地図情報は、PCに苦手意識のある
おじさんやおばさんでも楽しく使えるのがいいですね。

また簡単な操作で写真を送信する携帯アプリを利用することで
携帯電話のカメラ機能やメール機能を使ったことのない
おじさんやおばさんからも情報を収集する

とってもWEB2.0な話としてはったりが効きます。


完成イメージはこちら「スゴイ地図
・・・Flashはともかく、そのまんまですね。

(2)お祭りの継続と問題点 へ続く
-----------------------------------------------

観光客
 「こことここは、行っておかないと!」
 「これは食べておかないと」
という使い方ができるだけでなく、

地元の島民
 「おお、こんないい所があったのか。」
 「観光客はこんなものが面白いのか」
といった【再発見】ができることがポイントです。

(気になる情報)
■[山梨学院大 陸上部が地元をパトロール]
これはすばらしいアイデアだと思います。大学に限らず高校にせよ小学校にせよ、学校は人材の宝庫だと思います。若いエネルギーを活用して新しい事(楽しい事)をしている感じこそが地域の活性化の糸口となるはずです。

リンク

Tuesday, October 17, 2006

■本日のルーシー ~ルーシーのふて寝

ルーシーのふて寝です。

ルーシーはすねる事があります。

この日は何かと忙しくて
なかなか相手をしてあげられなかったところ
すねて寝てしまいました。

時おり目を会わせた時に
淋しそうな顔をしていたのは気付いていたのですが
しばらくほっておいたら、この寝顔です。


ルーシーには気の毒なことをしましたが
この寝顔を見ていると、日ごろの疲れなど吹っ飛びます。

何ものにも負けない 無敵のヒーリングの瞬間です。

こういう瞬間を大切にしたいものです。

Monday, October 16, 2006

■ほったらかし米観察日記 ~間もなく刈り入れ

刈り入れを待つ田んぼ。
久しぶりのほったらかし米です。


日本の各地では稲刈りがぞくぞくと行われてますが
ほったらかし米の畑はあともう少しです。

ちなみに長坂町は標高が 497m ~ 2,718m
とんでもない標高差のある町なんですが

参考
http://www.yatsu.gr.jp/ngs/introduction/index.html

ほったらかし米の畑は
だいたい標高730mくらいの高さにあり、
まもなく稲刈り
です。

秋、ど真ん中の長坂町
赤とんぼがいっぱい舞ってます。


(気になる情報)
■[サンマの寿命は2年]科学万能のような世の中ですが、身近なところにもまだまだ謎があるんですね。

Labels:

Friday, October 13, 2006

■南八ヶ岳な地図情報はじめます

今日は最初に少しだけサイト紹介です。
こちら【スゴイ地図】です。
まだまだ東京中心の情報ですが、見ているだけでも面白く
行ったことのある土地でも、思わぬ再発見がありそうです。

実は地図情報を利用したシステムを作るのは
GoogleMapsEditorというフリーソフトを使うと
それほど?難しくはありません。

ということで、ためしに作ってみました。

南八ヶ岳な地図情報(仮)


これまでにブログで紹介した写真は
北杜市のあちこちに関連した写真がほとんどなので
地図とは相性がいい気がします。

例えばこんなのが作れます。
  • 南八ヶ岳のお店MAP
  • 南八ヶ岳の芸術家/職人MAP
  • 南八ヶ岳の農作物MAP
  • 南八ヶ岳のグルメMAP
  • 八ヶ岳百面相MAP
  • 私の好きな南八ヶ岳な風景MAP
  • 私の好きな長坂町MAP
  • 北杜市の最寄の公共施設MAP
おおっ、いくらでもアイデアがわいてきますね。
・・・全部作るのは大変そうです。

始めてしまうと大変なのですが
なかなか面白そうなので、少しずつ更新してみたいと思います。

南八ヶ岳な地図情報(のんびり)はじめます。

リンク

Wednesday, October 11, 2006

■お伊勢参りの旅 その(3)

伊勢旅行の最後は
伊勢神宮の門前町の中心にある「おかげ横丁」の写真です。

江戸末期から明治初期の風情をテーマに、
伊勢路の代表的な建築物が再現されています。

あちらこちらに不思議なものが置いてあり、こんなのとか
(ひものやさんでみかけたマンボウのひもの)


こんなのとか


山梨からはるばる来たわれわれに、
お伊勢参りの気分を盛り上げてくれましたよ。

なかでも、一番の思い出はこちら!
1回100円でキセルでたばこをすいました。 


お伊勢参りでございました。

■お伊勢参りの旅 その(2)

引き続き赤福の本店です。
この赤いかまどでお湯をわかしています。


そしてこちらが赤福を作っている写真です。
「赤福はお土産屋さんで買うもの。」という印象があったのですが
作りたてをそのまま食べさせてくれます。


しかし今回はあまりに混雑していたため
喧騒を避けて近くのお茶屋さんでお庭を拝見しながら
赤福をお抹茶でいただきました


お茶もお菓子も格別においしかったですよ。



(気になる情報)
■[風邪ウイルスの生命力]『家に帰ったら「うがい」と「手洗い」を欠かさずに!』の「手洗い」の重要性がよくわかりました。

Saturday, October 07, 2006

■お伊勢参りの旅 その(1)

隣組の人たちと『伊勢松阪の旅』に行ってきました。


東海道を抜け、まずは松阪牛を頂いてから
伊勢神宮を参拝。 

あいにくの雨の歓迎ではありましたが
不思議なもので、しずかに降る雨とともに
参道の玉じゃりを踏む音はザクザクと心地良く
心身ともに洗われました。

そしてこちらが有名な赤福の本店です。
ほうじ茶で赤福を食べるお客さんと買い物をするお客さんであふれてます。
さすがの老舗ですが、ゆっくりお茶をというわけにはいきませんでした。


続く

Wednesday, October 04, 2006

■南八ヶ岳の美味しい写真 ~黄色の秋茄子

『秋ナスは嫁に食わすな』などと申しますが

焼きナスに天ぷら、おひたしや味噌炒めと
この時期のナスは非常においしいですね。

本日はお店の軒先に実っております白ナスの写真です。

はたしてこの白ナス、
育つうちになぜかみるみると黄色くなってまいりました。
紫や緑になってしまうならともかく、黄色とは・・・。

味に変わりはなさそうですが、
どんなもんでございましょう。
どなたかご存知の方おられないでしょうか。

もしかして「牡蠣の貝殻」をあげすぎたからとかでは
ないでしょうか。

Labels:

■スポーツの秋の第1位

9月24日は地区の運動会でした。

なかなかの運動会日和に恵まれ
久々にお日様のもとでかけたりはねたり
身体を動かしました。


平均年齢の高い我が班は万年ビリ
今年も定位置をキープしました

ちなみに後ろから第1位の1班です。

(気になる情報)
■[富士の御山に沈む太陽]この時期、横浜ベイブリッジから富士山を見るとちょうど太陽が頂上に沈むそうです。山梨だとどうでしょう、山梨は南アルプスのがあるので、日が早く沈むんですよね。

Sunday, October 01, 2006

■南八ヶ岳な風景 ~秋の甲斐駒と秋の空

すっかり秋ですね。
甲斐駒ケ岳にも秋がやってきました。

見事な山景です。
絵になりやすく、いつも写真をとってしまうのですが、
最近八ヶ岳の写真が少ないのがちょっと気になります。


八ヶ岳は見る場所によってコロコロと形が変わるので、
写真におさめるのが非常に難しい気がします。


八ヶ岳は見る人によってそれぞれお気に入りの場所があり、
それぞれに独自の八ヶ岳があるんですよね。

やっぱり八ヶ岳は女性的です。
いつか、「これぞ八ヶ岳!」という写真をとりたいものです。

こちらは見事に咲いた百日紅(さるすべり)。
100日の間、赤いの花を咲かせる秋の花です。

(気になる情報)
■[やせ過ぎ女性の国際比較]日本の場合、ブームやマスコミにも左右されていそうです。
■[最後の言葉]言葉が次の時代に残るというのはさすがですね。個人的には高杉晋作が一番です。