南八ヶ岳な生活

Sunday, December 31, 2006

■本年はありがとうございました

本年は南八ヶ岳な生活をご覧いただき、
まことにありがとうございました。


どうぞ、よいお年を。

Wednesday, December 27, 2006

■南八ヶ岳な生活 ~八ヶ岳の冬の花火

11月18日『八ヶ岳南麓・まきばの冬花火』が行われました。

標高1400メートルのまきば公園が花火の会場です。

全国の花火師による特選尺玉やスターマインが次々と打ち上げられ、
真冬の澄んだ空に大輪の花が咲きました。



防寒のコートを着て毛布を巻いて寒さに震えながらの観賞でしたが 
夏よりも鮮やかに広がる花火は観衆の寒さも吹き飛ばし、
大きな歓声が上がってました。




会場ではビンゴ大会や太鼓の演奏が行われ
地元はもちろん関東近県から大勢の観光客が訪れ大変賑わいましたよ。

冬の夜空の花火は想像以上に美しく、
来年はもっと混雑するのではないでしょうか。

ちなみに私達はこちら「清泉寮」でみてました。

リンク

Monday, December 25, 2006

■モーツァルトの楽譜がインターネットで無償公開

今日は気になったニュースです。
ザルツブルクの国際モーツァルテウム財団が
モーツァルトの全ての楽譜を無償公開しました。


こちら


楽譜を複製する権利を40万ドルで買い取ったということですが
出版社の版権とかでしょうかね。
『利用は個人的利用かつフェアユースの範囲内に限る。』との事です。

というわけで、とりあえず
キラキラ星」「トルコ行進曲」をダウンロードしてみました。

・・・あれ!?ドイツ語。
「Ah! vous dirai-je, Maman」と「Turca March 」であってると思うのですが、、、
失敗しました!?
もう少しがんばってみます。

なぜか大学時代、友人の友人の買った楽譜をみんなでコピーしてたのを思い出しました。


しかし、
やっぱりインターネットはすごいですね。


これからはいつでもモーツアルトの楽譜を見ることができますし、
ちょっと探せばたいていの曲の音楽データ(MIDI等)も手に入りますので
実際にメロディを聞く事もできます。

インターネットがなければたとえ無償公開されていたとしても
モーツアルトの楽譜を手に入れることはなかったかと思います。

これで未だ見ぬ現代のモーツアルトは初めからモーツアルトの楽曲を
全て手に入れる環境が用意されたことになります。

もしも子供時代のモーツアルトに、『モーツアルト全集』の楽譜を見せたら
どんな音楽をつくってくれるでしょうか。。

はたして現代のモーツアルト達はどんな音楽を作っていくのでしょう。
ぜひ聞いてみたいものですね。
わくわくします。

(気になる情報)
サンタ大追跡毎年恒例のNORAD(北アメリカ航空宇宙防衛司令部)による
サンタの追跡が始まりました。

リンク

Friday, December 22, 2006

■北杜商工会祭り その2

11月12日に長坂町駅よこの広場で開催された 『北杜商工会元気まつり』の写真です。

地元の商店や企業が数多く出店しています。

ローストチキンや地元の野菜など
なかなか魅力的なお店がならんでます。


特に目を引いたのが、こちら
なんと発砲スチロールのリサイクルで作った板です 。
なんと発砲スチロールのチップに色をつけ、
かためて搾り出すと板になります。

こちらはその板を使ったフェンスです 
しかも作ってらっしゃるのは
ブルーレイのお客さんの清水さんのかいしゃです。 

我がとなりの魚屋の発砲スチロールの箱も
こういう形でリサイクルされていると思うとうれしくなりました。

Thursday, December 21, 2006

■南八ヶ岳のおいしい写真 ~おばけしいたけと唐辛子

今日の晩御飯は椎茸のステーキでした。

市販されている生椎茸は直径4センチくらいですが 
収穫しないでさらに2週間置くと 
このようにかさが開いて10センチ以上になります。 


おおきさばかりでなく、味も香りもぐんと増して歯ごたえもあり 
我が家ではバターで焼いて椎茸のステーキで楽しみます。 

ほんとおいしですよ!

あと
とうがらしの壁飾りをいただきました。 
50本以上の長いとうがらしを編み上げて、
飾りながら乾燥させ、必要に応じて使うことができます。

こちらはアメリカで生活なさっていたときにならったそうです。 




こちらはお店に飾らせていただきました。
なにやら厄払いにもなりそうです。
今年は風邪をひかずにすごせそうな気がします。

写真は親父の会の忘年会の風景です。
うしろに唐辛子が飾ってあるのがわかりますでしょうか。
アイデアしだいでこんなにおしゃれになるものですね。


Labels:

Wednesday, December 20, 2006

■スコーパー参上とBDFのもたらしたもの

12月9日の写真です。

地給市場に『山梨放送のスコーパー*』がBDFの取材に来ました。



BDF(バイオディーゼルフューエル)
植物性油(てんぷらの廃油等)を原料にしたディーゼル用燃料をいいます。 

てんぷら油等の家庭の廃油を再利用することができ、
地給市場では以前から家庭の廃油を集め協力しています。

最近では北杜市も協力してこちらのBDF車を走らせているんですよ。

これって、けっこう最先端ですよね。


車そのものがもたらすエネルギーの再利用は微々たる物ですが
1台の車を走らせるためには多くの方の協力が必要で、
1台の車のもたらすリサイクル運動こそが、
今後の私たちが学んでいかねばならない大事な事だなと感じました。


南八ヶ岳には世界の最先端があります。


*スコーパーとは、YBSラジオの中継車のうちスコーパーと呼ばれる中継車のことで、
同時にスコーパーに乗って中継を行うキャスターのことを示します。

こちらが黄色と赤の2台あるうちの1台『赤スコーパー』です。』

Tuesday, December 19, 2006

■地給市場とひとりっ子の日本

2005年、日本の出生率(合計特殊出生率)は1.25だそうです。
日本人のほとんどが『生涯に子供はひとりだけ』という数字です。。
日本はかつてない『ほとんどひとりっ子』の時代を迎えようとしています

さて、
野菜がいっぱいの地給市場には連日お産をひかえたお母さん達が集まります。
少子化もなんのその、みな二人目、三人目と子供を生んでいます。

日本の平均とは少し異なっているようです。


この日も地給市場のテーブルを囲んで子育て談議です。
この冬に共に二人目を出産するおかあさんが揃いました。

というわけで、インタビューしてみました。
(つるん!!大安産!! いさちゃん) 
(あっという間に日々が過ぎていくのが驚きです。 スズキさん)


南八ヶ岳は子育てには、とても良い環境のようです。

たしかに都会の生活よりも泥だらけになりやすいので
少し洗濯が大変ですが、ヒザ小僧をすりむいてもすぐに治る子供に育ちます。


日本はいよいよ『ほとんどひとりっ子』の時代を迎えるようです。
どんな時代になるのでしょうね。

*ちなみに日本の出生率(合計特殊出生率)が初めて2を割ったのが1975年。 長期的に人口を維持できる出生率は2.07ということなので 30年も前から日本は少子化が進んでいます。 すごい時代です。

ちなみに山梨県の2004年の出生率は1.36 山梨県は子供を生みやすい県のようですね。


(気になる情報)
「巡回ブログ」のリンクに「八ヶ岳の青い月」さんを追加させていただきました。
いや〜、いつもほんときれいな写真ですね。
『北杜市は世界でも有数の美しい土地なんだよ。』
といっていた友人の言葉を思い出しました。

Labels:

Saturday, December 16, 2006

■なんとか復活

やっとパソコンが直りました。

かれこれ1ヶ月弱更新が停滞してましたね。。

更新停滞中も写真はとり続けていたので

1ヶ月分でなんと、、、
200枚くらい写真があります。。。

まだ本調子ではありませんが
「南八ヶ岳な生活」復活です。